本文へスキップ

日野市のNKトラベルでは、多摩の地域新聞「asakoko」主催旅行の企画、催行をしております。

アサココ株式会社主催旅行の提案企画、募集、旅行の催行をしております。

多摩の地域新聞の読者と縁が持てればと、目的意識を持った旅行を企画、提案し、催行しております。御問合せもお待ちしております。

多摩の地域新聞「asacoco」主催の旅行を企画・催行しております。秩父三十三観音巡礼などの霊場巡礼、歴史の中に埋もれてしまうような、過去の事件の遺構を学ぶ旅などを企画・催行しております。「asacoco」の読者との交流のひとつとしてのお手伝いをいたしております。
旅行のチラシをクリックしていただくとPDFファイルにて拡大できます。

ギャラリー

  花とみどり
秩父三十四観音巡り


1回目 2016年 3月 9日
2回目 2016年 4月 8日
3回目 2016年 5月11日
4回目 2016年 6月 6日
5回目 2016年 7月13日

1番札所「四萬部寺」から34番「水潜寺」まで、静寂な山郷の中で自然美を背景にした、約100㎞の巡礼です。全5回の旅ですが、それぞれの季節に、花々と出会えるような行程を企画しました。。

ギャラリー

  秩父(困民党)
  事件を訪ねる旅


    2016年 3月24日

秩父事件とは明治17年、大蔵卿の松方正義の政策と、増税、世界恐慌による生糸輸出の激減下にて、武装蜂起事件のことです。秩父では、自由民権運動の自由党員らが、「困民党」を組織しましたが、明治政府により鎮圧されました。この旅では、蜂起現場の、秩父吉田町を訪ね、自由民権運動を学びたいと思い、企画しました。

ギャラリー

  足尾鉱毒事件と
  田中正造所縁の旅


  2016年 4月13日~14日

足尾鉱山は日本一の鉱山であったが、精錬痔の燃料による排煙や、鉱毒ガス、鉱毒排水は、その後多大な健康被害を生じ、渡良瀬川に流出し、遠く霞ヶ浦まで被害は拡大した。田中正造は、鉱毒反対運動の中心人物である。「公害の原点」である、足尾鉱毒、足尾鉱山の教訓を学ぶ旅行を企画しました。

ギャラリー

  飯館・相馬・南相馬・
浪江・福島第一原発を
訪ねる


  2017年 4月19日~20日

震災から6年が経過し、福島の今を考える旅です。全村避難地域、避難指示解除準備地域、帰還困難区域地域は?福島第一原子力発電所は?
もう一度、私たちが出来ることを考えるをテーマに旅を企画しました。

ギャラリー

  原水爆のない未来へ
航海(後悔)を続ける
第五福竜丸


  2017年 4月27日

木造マグロ漁船の第五福竜丸の被爆では、無線長の久保山愛吉さんが亡くなったことが今も記憶に残っています。東京夢の島には、その「第五福竜丸」の実物が、原水爆の惨事が再び起きないようという願いをこめて展示されています。平和、未来について学ぶ機会にしたいと思います。

ギャラリー