本文へスキップ

戦国時代の古道を訪ねるウォーキングの旅行です。信州・越後の「塩の道・千国街道」武蔵・甲州の「古甲州道」をガイドが案内する旅です

戦国時代の古道 ①塩の道・千国街道 松本~安曇野~白馬~糸魚川 ②古甲州道 府中~日野~あきる野~檜原~小菅~大菩薩峠~塩山~甲府

未だに当時から江戸時代の道の姿を遺す場所、道は変わっても、路傍の石仏が昔を語っている古道を歩くツアーです。

江戸時代、徳川幕府により、五街道が整備されました。その街道以前から、歩かれていた古道、生活道、巡礼道、軍事道であった古道を、その道の達人が、ガイドする、旅です。ルートは、登山道のように勾配が激しい道、ハイキング・ウォーキングに適した道、車で移動可能な区間などさまざまなので、旅行の目的に応じ、企画します。

ギャラリー

福祉旅行

  古道 塩の道・千国街道


松本~糸魚川 120km 安曇野 白馬 小谷 里山を結ぶ古道

介護旅行

  古道 古甲州道


武蔵府中~日野~あきる野~檜原~小菅~大菩薩峠~塩山~酒折~甲斐府中

  古道 古富士道


古甲州道と小菅にて分岐 小菅~佐野峠~浅利~山形山~夏狩~吉田

  熊野古道


大先達赤井熊五郎さんと西国三十三箇所・熊野曼荼羅を巡礼ます

  古道 塩の道