本文へスキップ

奥の細道を辿る旅行です。奥の細道の研究家がガイドが、芭蕉が見た風景を案内する旅です。

芭蕉と弟子の曾良が旅した足跡を辿る旅です。芭蕉が句を詠んだ風景の奥深さを旅行から学びます。

    

芭蕉が何故このルートを選んだのか、訪れている場所の眺望の情報源はどうしたのだろうか。いや日本にはまだまだ素晴らしい景観が遺されています。

芭蕉は、元禄2年(1689) 46歳の3月下旬、江戸深川より、奥羽・出羽・北陸を歩き、8月20日、岐阜大垣まで旅をする。奥の細道は、この間の5ヶ月の旅行を俳句で綴った紀行文です。、この紀行文は、それまでの紀行文が事実を綴って書かれていたのに対し、芭蕉の奥の細道は、文学的な表現や、歴史概念などを織り込み仕上げている。NKトラベルの奥の細道紀行は、奥の細道の研究家にガイドを依頼し、景観とそれを受けての芭蕉の句の意を学習する旅行です。

ギャラリー

福祉旅行

  


介護旅行